印刷・製本工程を受託製造専門とする印刷会社

03-6902-9132

TOP > 採用サイト > 歴史紹介

HISTORY

歴史紹介

紅屋オフセットとは、
こんな会社です!

あらゆることに先駆けて取り組み、チャレンジする会社

あらゆることに先駆けて取り組み、チャレンジする会社
あらゆることに先駆けて取り組み、チャレンジする会社

紅屋オフセットは、ただの印刷会社ではありません。印刷業界という一見あまり目立たない業界において、常に先進的なことに取り組んでいます。これは、創業者の意思でもありますが、とにかく周りと同じコトをやるのではなく、周りに必要とされることは何か、やりがいとは何かを追求していった結果です。
・業界内での専門特化
・業界内での圧倒的設備導入
・業界内で初めての環境への取組み、システム導入
・社員のやりがいを優先した事業内容
などなど、様々です。ぜひ、紅屋オフセットの歴史と合わせて、ご一読ください。

業界初!?① 下請専業会社として専門的に活動する会社!

業界初!?① 下請専業会社として専門的に活動する会社!
業界初!?① 下請専業会社として専門的に活動する会社!

紅屋オフセットは、業界内でもほとんど初めてと言ってもいいくらい、「下請け専門」という形態に移行しました。これは、当時の会社(紅屋印刷)が抱えていた仕事の内容が大きく起因しています。当時の仕事は、同業の印刷会社から6割、直接のお客様で4割という割合でした。このまま続けていくと、同業の会社からすると、いつか紅屋がお客様から直接仕事をとってしまうのではという不安を与えてしまいます。そこで、同業の会社からいただく仕事を専門で取り扱う、「紅屋オフセット(当時は和光工場)」として分離独立させたのです。「下請け専門」「直接のお仕事はお断り」とは、これまでのお客様のことを考えての配慮だったのです。

業界初!?② 当時ではあり得ない、24時間工場稼働体制!

業界初!?② 当時ではあり得ない、24時間工場稼働体制!
業界初!?② 当時ではあり得ない、24時間工場稼働体制!

印刷業界の中でも、おそらく最初期に「週休2日制」や3交代制による「24時間操業体制」を導入しました。印刷業界といえば、顧客が必要な時に合わせて印刷物を用意しなければならず、それは土曜や日曜であっても顧客優先で行われていました。しかし、今で言う「ワークライフバランス」の考えを当時の社長(創業者)が汲み取り、業界内で先んじて「週5日制」を取り入れました。これは同時に、社内の業務効率化を促進したことにもつながり、結果として業績の向上にもつながりました!

業界初!?③ 中小印刷会社として輪転機(大型印刷機)導入!

業界初!?③ 中小印刷会社として輪転機(大型印刷機)導入!
業界初!?③ 中小印刷会社として輪転機(大型印刷機)導入!

輪転機とは、給紙や折部の装置を含む、大量で高速な印刷に用いられる印刷設備です。主に新聞や、大量部数を発行する雑誌の印刷に使われますが、それだけ大型の機械であり、中小企業で導入している企業はあまり多くありません。しかし、紅屋オフセットではそのオフセット輪転機を合計11台導入しています。全国でも900機程しかないうちの11台です。当時2億円という高額な設備を導入した結果、他社よりも先駆けて軌道に載せ、業績アップに大きく貢献しました。

業界初!?④ 固定概念にとらわれない専門印刷機に切替!

業界初!?④ 固定概念にとらわれない専門印刷機に切替!
業界初!?④ 固定概念にとらわれない専門印刷機に切替!

紅屋オフセットには、シーター専用のオフセット輪転機というものがあります。これは、チラシのような一枚モノのシート出しを行なう設備なのですが、業界内でも最初期に、シーター専用機を導入しました。当時、一般的な印刷会社はどこもシーター専用ではなく、いわゆる「折出し」ができる折機を兼ね備えた輪転機を導入していました。しかし、紅屋オフセットでは、シートの仕事が全体の大部分を占めていることに目をつけ、早期に注力すべき仕事を絞込みました。それが、「シーター専用機」導入のきっかけです。これにより、無駄な設備投資の節約や省スペース化につながり、台あたり2億円の節約、4分の1の省スペース化を実現しました!

業界初!?⑤ ISO14000認証取得による環境への取組

業界初!?⑤ ISO14000認証取得による環境への取組
業界初!?⑤ ISO14000認証取得による環境への取組

紅屋オフセットは、1999年にISO14001を取得しています。これは、印刷業界の中ではおそらく最初期の取得となります。環境に配慮した企業活動を続けていることを、印刷業界として初めて社会へ約束したのです。1.地球環境への配慮・2.廃棄物処理コスト削減・3.ISO14001の取得ニーズの高まり・4.地球環境への配慮が品質への配慮につながる、という様々な理由があります。そして、これらは現在も推し進めている「工場の省エネ・コスト削減・生産性アップ」という取り組みにつながっています。

印刷のIT化!自社専用の生産管理・受注管理システムの導入

印刷のIT化!自社専用の生産管理・受注管理システムの導
印刷のIT化!自社専用の生産管理・受注管理システムの導

膨大な印刷物を取り扱う紅屋オフセットでは、見積もりから受注管理システム・原価計算システム・工程管理システムなどといった、印刷の発注から生産、納品に至るまで全てを効率的に進めるためのITシステムを導入しています。11台の輪転機を扱い、多種多様な印刷を受託している紅屋オフセットだからこそ、ムダな時間やコストを省くために、これらのシステムを連動させ、効率的な生産活動を行なっています。

家族にも胸を張って言える仕事に!ピンク本の印刷停止!

家族にも胸を張って言える仕事に!ピンク本の印刷停止!
家族にも胸を張って言える仕事に!ピンク本の印刷停止!

紅屋オフセットでは、いわゆるヌードなどの猥褻なものは印刷していません。工場見学のお客様に見せて恥ずかしいモノ、自分たちの子供を連れてきて、親の仕事場を見せて恥ずかしいような仕事はやらない!という創業者の考えの元、昭和45年以降は一切の裸の印刷は実施していません。当時としては売上としても良い仕事でしたが、それ以上に、社員の仕事の誇りを守るための英断です。